素箱の家

素箱の家

玉川上水沿いに建つ家
北側の上水沿いの景色をさまざまな形で取り込んでいます

所在地 東京都
工 法 RC+木造軸組工法地下一階、地上二階建
用 途 住宅兼アトリエ
竣 工 2009年3月

 

北東からの外観

外壁は、この辺りの土を使ったような質感が出るようにした。
基礎部分まで外壁を塗りまわして、地面から生えてきたようなイメージ。
壁に付けられた巣箱がポイント

 

 

 

東からの外観

中庭は、高い木製の塀によってプライバシーを確保。この庭は東向きで左右の建物がズレている為、南側の陽も入りとても明るい。
壁はデザインとして一部膨らみ、軒裏からの曲線を協調している。

 

 

 

壁の窓

壁に空いた穴は窓。
ハメ殺した厚いガラスが入っていて、夜は明かりが漏れてとても美しい。

 

 

 

アトリエより中庭を見る

両引き分けの窓を開けると、中庭のウッドデッキがアトリエと一体化した空間になる。
ここから地下室(写真右)にも行くことができる。

 

 

 

アトリエ

3.5mの天井高があるアトリエ。
上に造られた窓からは玉川上水の木々が見え、床に近い窓からは風を感じられる。
壁に開いた無数の穴に、木の棒を差し込むと棚になる。

 

 

 

和室

斜めにした壁の木製窓からは玉川上水の景色を楽しめ、窓の外には昔風の木製手すりが付いていて夕涼みができる。

 

 

 

風呂

玉川上水の景色が堪能できるように、配置された風呂。浴槽は信楽焼で、追い炊きが可能。
外のバルコニーに出れるよう、浴槽の立ち上がりを低くしてある。

 

 

 

台所と洗面

洗面は造り付け。
コンクリートの中にレンガやガラスの破片が埋め込まれている。